VHO式 巻き爪矯正

VHO式巻き爪法とは

深爪が原因の「陥入爪」や、内側へ異常に湾曲していく「巻き爪」で悩んでいる方が非常に多いにもかかわらず、あまり優れた治療方法がありませんでした。「VHO式矯正技術」は爪を深く切り込んでいても施術が可能で、施術当日から入浴、運動も可能です。日常生活には全く支障がない優れた方法と言えるでしょう。

VHO式とは

今から30年近く前にドイツで生まれた重度の巻き爪矯正法。ドイツでは、第二次世界大戦後、足に障害を負って普通の靴では歩けなくなってしまった兵士を対象として、靴の改良技術とともにフットケアの技術が発展していきました。今でもドイツには国の承認を受けた「メディカル・フスフレーガー」(医学的な知識をもって足をケアする人)がたくさんいて、整形外科的な観点から靴をつくる「オートペディーシューマイスター」とともに、さまざまな足の悩みに応VHO式とはえるというシステムができています。そして、VHO式もそうした背景から生まれました。

VHOとはメディカル・フスフレーガーのエルヴィラ・オストホルト氏によって1979年に創設したオートニクシー研究所で開発された巻き爪矯正技術につけられた名称です。 重度の巻き爪の矯正法として、手術以外の選択肢=血を出さず、痛くない方法を開発してVHOと命名しました。 Virtuose Human Orthonyxie の頭文字をとったもので、「熟練の技による人間的な巻き爪矯正法」というような意味です。

  • V irtuose   = 名人、大家、巨匠 (新修ドイツ語辞典)より
  • H uman    = 人間の、人間らしい、人道的な
  • O rthonyxie = ギリシャ語でOrthos(まっすぐ)+Onyx(爪)
(スコットランド人歯科医ロス・フレーザー氏による造語です。(1964年)

VHO方式の手順

  1. 歯科矯正用と同じようなスチール鋼を爪の大きさに合わせて切り、爪の湾曲状態に合わせてワイヤーを湾曲させる。
  2. 爪の左右に引っ掛け、専用のフックを用いて巻き上げ、固定する。
  3. 余分なワイヤーをカットした後、ジェル(合成樹脂)でワイヤーの固定部分をカバーする。


爪の横に引っ掛けたワイヤーは、食い込んで痛いように見えますが、血管が走っている真皮内まで突き刺すわけではないので、痛みは全くなく、あったとしても軽いもので、出血もしません。

固定したワイヤーは爪の伸びとともに前方に移動するので、施術後はそのままの状態で、付け替えはしない場合が多いのですが、当店では、なるべく早く終了していただく為に、2ヶ月に1度のかけかえをお願いしています。
また、このVHO法の一番のメリットは「苦痛を与えない」と言うことと「施術後も日常生活に支障がない」ということです。
こうして、平均的には、半年から1年くらいかけて矯正していきます。 (個人差はあります)

VHO方式の施術結果

VHO方式の施術結果

キノシタの巻き爪の施術の流れ


個室でのカウンセリング

個室でのカウンセリング専用の個室にて、カウンセリングを行います。
ヒアリングと症状を見させていただいた上でどの方法で施術するのかを決めます。

*カウンセリングは無料です

施術内容と処理法のご説明

施術内容と処理法のご説明カウンセリングに基づき、施術内容、タイプ、処理法などを決めた上で、料金等をお知らせした上で、施術に入ります。

*ご説明の段階まで無料です。

施術開始

施術開始技術者の殺菌をした後、専用のペーパーなどで、足をきれいにしてから、施術を開始します。

*技術者の消毒は済ませています。

爪の衛生処理

爪の衛生処理爪の中や爪の周りなど衛生的な状態にします。

巻き爪器具を装着

巻き爪器具を装着ケア器具を装着します。 施術内容によって違ってきますが、基本的には、 装着後もあまり目立たないような、きれいな状態になります。

器具の装着についてのご説明と次回のご予約

器具の装着についてのご説明と次回のご予約器具の装着後の注意などのご説明をさせていただきます。 次回のご予約などあれば、承ります。

*施術期間は内容によって違いもあり、個人差があります。

内     容    料   金
 カウンセリング (お電話でのお問い合わせ)  (無  料)

初 回  1本 につき

10,000円+税
*衛生処理1本につき    2,000円~5,000円+税

 *掛ける前の爪の衛生処理、1本につき

お問い合わせ